Sample Company

御用改めである! 新選組のルーツは日野にあり



新選組を訪ね歩く

 怒涛の幕末の京都で活躍し、その後の戊辰戦争を旧幕府方として戦い抜いた新選組。
彼らの多くはその戦いの中で命を落としましたが、幕府への忠義に殉じた生き方は、今も人々の心を惹きつけています。
 司馬遼太郎の『燃えよ剣』などの小説を始め、数々の映画やテレビドラマ、また最近では大河ドラマやアニメなどでも取り上げられることが多く、歴史ファンだけでなく、多くの人がその生きざまに共感を覚えています。
 そんな新選組の副長・土方歳三は武蔵国多摩郡石田村(現日野市石田)で生まれ、六番隊隊長であった井上源三郎は日野宿北原(現日野市日野本町)で生まれました。
 また、新選組と深く関わる佐藤彦五郎は自宅であった日野宿本陣に天然理心流道場を開き、ここに土方、 井上だけでなく、近藤勇や沖田総司、山南敬助ら後に新選組の中心になる人々が集いました。
 日野市は新選組の歴史の中で原点となる重要な地です。

更新情報・お知らせ

2020/03/05
新選組のホームページドメイン決定、ネット公開NEW
2020/03/04
新選組のホームページ第二次リリース
2020/03/03
新選組のホームページ第一次リリース

御用改めである
日野の新選組訪ね歩き

日野は新選組副長の土方歳三や六番隊隊長の井上源三郎の出身地であり、子孫の方々が開館する資料館や数多くの史跡が残っています。これらを訪ね歩き新選組の波乱の歴史に思いを馳せます。

PR