サンプル不動産

八王子城の構造



 八王子城は、関東平野の西端で八王子城山・富士見台山塊がせり出した突端の深沢山(標高460m)を利用して築かれた戦国時代の代表的な山城です。
 深沢山(城山)山頂に本丸を置き、周辺に延びる尾根や細かく入り組んだ谷、麓の平地など、自然の地形を利用して築かれています。本丸、松本曲輪(くるわ)、小宮曲輪、御主殿曲輪などを持つ城山と城山川の流れる谷を隔てた東の太鼓曲に大別できます。
 なお、そびえたつ天守閣をもつ城郭は江戸時代の初期に構築されたものがほとんどですが、八王子城は戦国時代の山城なのでもともと天守閣は存在しません。
 規模は広大で城全体の利用計画も複雑、築城にはかなりの年月をかけたと思われます。

 また、間宮若狭守綱信は、天正8年(1580)に安土城の織田信長を北条氏照の使者として訪問している記録が残っており、このことは八王子城が、安土城をモデルとして築城されたのではという説もあるようです。

 また、城下町には、武家屋敷のある中宿、刀剣鍛冶職人の居住区である鍛冶屋村に加え、滝山城下から移転した商業地区の八日市、横山、八幡といった3つの宿場があった。

 氏照は、この強固な八王子城の完成をまって移転する心づもりであったろうが、結果的に八王子城は、未完成のまま天正18年に落城を迎えることになります。この八王子城の落城は、小田原城籠城中の氏政、氏直父子に降伏を決意させるに至り、この戦いにより、秀吉は関八州を平定するとともに、伊達政宗をはじめとする奥州の諸大名を屈服させて、天下統一を果たすことになる。
 なお、落城後は江戸幕府による直轄領、明治期以降の国有林、史跡や保安林等の法規制の運用など、時代を経る中で環境が保全されたため、築城当時の様相がよくとどめられている。

 八王子城が築城された中世後期は、天守をはじめとする建築面での発展、縄張りの発展、石垣の利用開始など、歴史的な過渡期の築城技術が変化する中にあり、八王子城はそのような時代背景の一時期に築かれた山城として、城郭の規模・構造や、建物などを建てた曲輪の跡、石垣や堀切、土塁や通路の跡など、城郭の築城技術を色濃く残す城郭遺構が良好な状態をとどめています。
 八王子城跡は、全国的にみても、これら戦国時代の遺構をよく残す代表的な山城跡といえるでしょう。



おすすめリンク

八王子城訪ね歩き

WEBサイト八王子城訪ね歩きは、高尾通信事務局で収集、WEBサイト「高尾通信」で公開していた八王子城に関わる情報を独立したWEBサイトとして分離、整理したものです。