サンプル不動産

八王子城を歩く




八王子城ハイキングの心構え

 八王子城は、公園として整備されていますが、街中にある公園と思ってくると大変です。
八王子城跡 八王子城は、何といっても標高460mの関東屈指の大規模な山城です。
 しかも、築城技術が高かった北条家が普請した防御能力の高い城ですので、山頂まで目指す(攻略するつもり)ならば、それなりの装備と覚悟が必要です。
 基本的に「軽登山」「低山ハイキング」の用意をしてお越しください。
 靴は、ハイキング用・登山用のものがおすすめです。絶対に革靴やハイヒールなんて無茶は止めてください。
 天気が悪くなりそうなときは雨具の準備も必要です。山中には雨宿りできそうな休憩所はありません。
 また、水分補給もお忘れなく。山中には自動販売機なんてありませんから、飲み物は持参してください。
 なお、売店なんておしゃれなサービスはありませんので、お弁当は持参ください。山頂付近にはテーブル・ベンチもありますので天気がよければお弁当広げて景色も楽しめます。

八王子城へ歩く

 八王子城は八王子市街地の西方の広大な山地にあります。

 既にこのサイトでもご紹介している通り、戦国の終わり、16世紀の後半 に作られ天正18(1590)年6月23日に豊臣秀吉の軍勢に攻められわずか1日で落城したと言われます。

 その結果小田原の北条氏は降伏し、秀吉の天下統一が実現 します。

 戦国時代の城は自然の地形を利用した山城と呼ばれるものが一般的で、その城の構造をあれこれと思いながら散策するのもまたおもしろいものです。 

 JR高尾駅からはバスの便が、休日のみの運行となったため、高尾駅からハイキングがてら歩いていってはいかがでしょうか。

 高尾駅北口から直進し南浅川の橋を渡りカーブの坂を登ると廿里(とどり)の古戦場跡があります。

 武田信玄の軍と北条氏の戦いの跡ですが、今はわずかに小さな案内板があるだけで当時の姿を想像しようもありません。
                    
 城山大橋前から左折、「八王子城跡入口」の交差点を、左折して、あとはひたすらまっすぐ進みます。道なりにしばらく進むと八王子城主北条氏照の菩提寺であった宋閑寺があります。
 寺の反対側道路左側には「横地堤」と呼ばれる城の家臣 の居住区の土塁が残されています。これは、八王子城城代、横地監物与三郎吉信が、城防衛地として築いたものです。

 この先には氏照の墓があります。氏照の墓という小さな案内板をたよりに右手の小道 に入ると古い石塔が並ぶ小さな墓があります。真ん中の大きな墓石が、北条氏照の墓ですが、この墓は八王子城が落城した約100年後の江戸時代に造られたものです。左右は北条氏照の家臣・中山家範と、その孫である中山信治の墓です。背後に石塔群がありますが、北条氏照の家臣団の墓とされています。

 実はこの奥には観音寺跡があり、向かって右下の谷が旧宗閑寺跡です。竹林の中に ひっそりとたたずんでいます。
八王子城跡ガイダンス施設
 もとの通りに戻り、ここからものの5分ほど歩くと2012年にオープンした「八王子城ガイダンス施設」(入館無料)があり、ここが広場になっています。ここが八王子城跡の入り口です。外観は「八王子」の「八」をイメージした八角形をしているのが特徴です。整備された駐車場もあります。
 時間があれば、先に「八王子城ガイダンス施設」に寄って、八王子城の詳細なパンフレットや日本名城100のスタンプもいただきましょう。 
 このように八王子城の概要を理解してから登ると山を更に楽しめます。「八王子城野外模型」も展示されているので、その模型を見てから、八王子城に登ると地形や道を把握しやすいかもしれません。トイレも完備されていますのでここで済ませておきましょう。
 なお、管理棟でのパンフレット配布やトイレ・駐車場のご利用時間は午前8時30分から午後5時までです。また、トイレ・駐車場は年末年始(12月28日から1月3日)のご利用ができませんので注意しましょう。

 ここから数分で「管理棟」が見えてきます。
 復元史跡のある御主殿跡に行くにはこの「管理棟」を左手に歩いて10分程度の古道コース。八王子城の本丸跡に行くにはこの「管理棟」を右手に進み歩いて40分程度の新道コースとなります。
 
 それでは、まず、古道コースから。この広場から先に進むと左に橋がありそれを渡り進んでいく道が、今回整備された「古道」です。なお、「古道」は八王子城跡特有の表現で大手道と同じ意味です。
 この古道から御主殿(城主の居住区)跡やわざと高さや幅を広くして敵が入りにくくした虎口(城の出入口)、また敵 が攻めてきたらいつでも落とせるように工夫された曳き橋が興味深くご覧になれるで しょう。
 なお御主殿跡は一度発掘調査が行われたあとまた土が盛られ今は更地になっ ています。
 アシダ曲輪から御主殿にかけてはいわゆる山麓居館跡で、よく整備されていて、ここならば登山靴でなくても見学できます。
 八王子市教育委員会の説明柱によれば、「あしだ曲輪」とは、「慶安古図」に「アシダ蔵」とかかれています。二-三段の曲輪群からなり、館や倉庫があったと考えられています。落城時、近藤出羽守が守っていたといわれています。」とあります。
 御主殿付近の石垣は発掘後の復原ですが、関東の城には珍しい総石垣のつくりで、西国、織豊系城郭の影響を多分に受けているようです。

 御主殿跡から城山側に降りると御主殿の滝が見られます。
 これは八王子城落城の際に 城の婦女子がここから身を投げて死んでいたといわれています。
 かつての水量はあり ませんがいまでもこの滝を覗くと数百年の時を超えてもの悲しさが伝わってくるような寂しげな滝です。 
 なお戻りは城山川沿いの林道を下るか、きた道をかえって「八王子城ガイダンス施設」前広場につきます。

 せっかくですからもう一度八王子城全体を散策してみましょう。    
 管理棟広場から右手の橋を渡り鳥居をくぐると新道、旧道の分かれ道になります。
 今度は、新道コースを歩いて山頂までいってみましょう。
 ここからは自然が豊富な山登りになりますが、この道は、八王子城攻めの総大将であった前田利家隊が攻め登った大手口の道になります。他の武将、上杉景勝は居館地区から上の二の丸へ、真田昌幸・幸村父子は御主殿の横から上の山王台へ、また直江兼続は城の裏側(搦手)からいずれも尾根伝いに攻め登ったといわれます。
 左手には梅林(ここは弾薬庫跡と見られている)、裏高尾を眺め ながら金子丸、棚門跡と山城のなごりを楽しみながらあるくと旧道と合流し急に坂道が険しくなっていきます。

 そのうち右に馬車道を見られるようになると平坦な道に戻り、中の丸(中の曲輪)にあるのが八王子神社です。
 ここは牛頭天王と八人の王子(八王子)を祀った神社で、城の築城にあたり氏照が守護神としてここに移設したものです。城の名前や八王子の地名はこの神社名に由来しています。
 八王子神社の裏手の丘が本丸跡です。
 神社右手に見える階段を上ってゆきましょう。本丸跡は狭いですが広場になっており石碑が立っています。
 神社左手には二の丸、山の東が現れ八王子市街地が一望できます。
八王子城本丸跡
 天気のいい日は関東平野が一望でき新宿の 超高層ビル群や遠く筑波山も臨めます。
 戦国の武将達はこうやって自分の領地を眺めていたのでしょうか。

 その昔ここで狼煙をあげ遠く小田原の北条氏へ情報を伝えてい たとのこと。

 ここが八王子城であることを示す2基の石塔が立つこの広場は休憩所が 作れられベンチもあるので弁当を広げるのには格好の場所でしょう。

 すぐ下にはトイ レもあり、八王子城の武士達も使っていた古井戸が今もありました

 この地点の標高は約420メートルというのに井戸に水を今もたたえているわけですか ら地下水位が高いのに驚かされます。
 ところが、ちょうどこの真下を「圏央道」が通っており、近年、この井戸への影響がでてきたようです。 数百年のときを超えて枯らすことなくこんこんと湧 き出てきた自然の恩恵を人間の暴挙で壊してしまうのは何とも愚かとしか言い得ません。    

 初日の出を眺めるスポットは高尾山が有名ですが、実は地元の人たちは、混雑する高尾山を避けてこの山頂から拝んだりします。荘厳な雰囲気で静かに眺めることができ 隠れた穴場です。もっとも高尾山と違い照明設備などありませんので、懐中電灯持参 またできればこの山を知った人と上るほうが無難ですね。            
                              
 帰りは今きた道を戻り(旧道を選んでもよいかもしれません)下る方法ともし時間に余裕があるのであれば富士見台を経由して裏高尾へ降りる道をお勧めします。

 井戸の先の細い道を下りしばらく歩くと馬冷やし場の案内板があります。
尾根の左手に石垣の列が続いていくが急坂を登りきるとそこが詰めの城という天主跡になる。

 天主跡といっても江戸城に代表されるようなあんな大きなものではなく非常に狭く当時の山城の造りを想像できる。そのすぐ下は石切り場の跡です。
ここからジグザグの道を登っていくと尾根道となる。富士見台の山頂はすぐそこです。

 ここで一服するとあとは急な下りの坂道が続く。ゆっくりと気をつけて歩いていきましょう。左手に先ほど登った城山が見えるころ唐沢上のT字路にでます。右に下っていきましょう。

 すると程なく車の騒音が激しくなってきます。中央自動車道です。

 この左手の谷は圏 央道と中央道のジャンクションです。
雑木林の中には「高尾自然体 験学習林の会」の札がくくりつけれています。
 1本1本の木に所有者を記した札が吊 り下げられていますが、これは1992年より続いている圏央道反対のための立木ト ラストの認識票です。 全国各地から集まった「高尾山を守ろう」の声の札には驚かさ れてしまいます。
 やがて中央自動車道に向かい急な階段を下っていくとトンネルがある。
 ここをでると工場があるがここを抜け中央線をわたると旧甲州街道です。
 蛇滝口のバス停はすぐそこだが、ここには水飲み場がある。
 そのおいしさにハイカー達が喉を潤したり水筒に詰めて持ち帰る人もいるとか。
 コップが備え付けられていて地元の方の心使いをうれしい。

 裏高尾の鄙びた風景をゆっくり堪能してもらいたいと思います。 

JR・京王高尾駅(40分)八幡神社(30分)宋閑寺(10分)北条氏照墓所
(15分)八王子城跡バス停(60分)八王子神社(30分)詰めの城(20分)
富士見台(60分)蛇滝口バス停(バス15分)JR・京王高尾駅




<< 前のページに戻る

おすすめリンク

八王子城訪ね歩き

WEBサイト八王子城訪ね歩きは、高尾通信事務局で収集、WEBサイト「高尾通信」で公開していた八王子城に関わる情報を独立したWEBサイトとして分離、整理したものです。